風吹ジュンさんの経歴。趣味の中国茶や旦那、誘拐事件の真相。出演作一覧も。

風吹ジュン

風吹ジュン(ふぶきじゅん)さんはドラマや映画、CMで見ない日はないくらいご活躍されている女優さんです。
60代後半というお歳だそうですが、いつみても若い!
美人さんというより、可愛いという表現の方が合っているような気がします。

そんな風吹ジュンさんの代表作や旦那さん、趣味の中国茶のことなど、ご紹介したいと思います。

プロフィール

名前:風吹ジュン
本名:川添麗子(かわぞえれいこ)(旧姓:堀川)
趣味:中国茶・アロマ・ピラティス
所属事務所:パパドゥ
家族構成:子供2人 兄(3歳年上)
出身地:富山県富山市八尾町
生年月日:1952年5月12日
身長:157㎝
血液型:B型
星座:おうし座
学歴:中卒
   富山県高岡市立二上小学校卒業後、高岡市立高陵中学校に進学
   その後、京都市立花山中学校に転校

風吹ジュンという芸名は、風に吹かれたように出てきたので「風吹」、「ジュン」は語呂が良いからというのが由来だそうです。

1981年に29歳で音楽プロデューサーの川添象郎と結婚し、1男1女をもうけますが、1992年の39歳で離婚しています。
離婚の原因は旦那様の浮気のようです。
40代はシングルマザーとして仕事と、娘と息子の子育てとの両立が大変だったそうです。

順風満帆に人生を送ってきたのかと思っていたら、実はかなり複雑な幼少期を送っていたようです。

京都で生まれ、父親は教師。
父親には愛人がいて、さらに母親からの愛情を受けることなく過ごしました。

小学校5年生の時に両親が離婚、母親に引き取られましたが、中学校2年生の時に母親が育児放棄、それ以降は京都に移住し、兄と共に暮らしました。
京都に移住してからは、内職やアルバイトを頑張っていたようです。
見るに見かねた担任の教師の家にお世話になったりしながら、京都市立日吉ヶ丘高校の美術家を受験しますが、母親の再婚などと重なり、一次試験を突破したものの二次試験は放棄しています。

その後はレストランで住み込みで働いていましたが、18歳で上京。
銀座の高級クラブ・徳大寺に勤務しました。
その高級クラブでホステスとして勤務中にスカウトされ、芸能界に入りました。

この高級ミニクラブ・徳大寺から大物になった人がたくさんいるようで、ハーフタレントの「oh!モーレツ」で一世風靡した小川ローザさんや、ファッションモデルのエルザさん。
また、中村雅俊さんの妻である五十嵐淳子さん、さらにデビュー曲の「涙の太陽」で新人賞を受賞した安西マリアなどもこのクラブ出身です。

昔の風吹ジュンさん、とても素敵です!
今もすごく綺麗なのですが、昔の風吹さんはとても色気を感じます。

芸能界に入った経緯

1971年、高級クラブに勤務中にスカウトされ、芸能界に入りました。
1973年にユニチカ初代マスコットガールに選出。
同年、「ママはライバル」でドラマに初出演しました。

1974年にはファーストシングル「愛が始まる時」でアイドル歌手デビューをしますが、この歌手としての活動は約1年ほど、1975年まででした。

1975年にドラマ「寺内貫太郎一家2」で寺内家の長女役の寺内節子を演じ、1977年には「白熱(デッドヒート)」で映画に初主演。
その後も「岸辺のアルバム」や「阿修羅のごとくシリーズ」、「蘇る金狼」などに出演し、どんどん認知度をあげていった。

1991年の映画「無能の人」では日本アカデミー賞優秀助演女優賞やブルーリボン賞助演女優賞を受賞しました。

その後、数々のドラマや映画に出演し、毎年たくさんの作品に挑戦しています。
出演した映画、ドラマ、CMを下でまとめました。
役名もわかるものは調べてみたので、気になる方は是非ご覧ください。

誘拐騒動

40年以上前の1974年9月13日、風吹ジュンさんには誘拐騒動がありました。
一言で言うと、ギャラなどを巡った事務所とのトラブルなのですが、風吹ジュンさんにも非があったようです。
しかし、風吹ジュンさんは一切弁明をせず、全てを認め、強く生きていくという選択をしました。
清純派アイドルとして生き残ることはできませんでしたが、女優として見事に転身し、今現在の地位を確立しています。

最近では吉本興業で給与の問題などが取り出されていましたが、風吹ジュンさんの場合は事務所を3つ巻き込んでの騒動となりました。

もともといた事務所のギャラに不満のあった風吹ジュンさんは、次の事務所へ移籍の話を進めていましたが、もといた事務所が激怒。
もといた事務所は風吹ジュンさんを誘拐しただけでなく、新しい事務所の社長も連れ去られ、ゴルフクラブで額を殴られるなどして血まみれだったそうです。
品川区内の高級ホテルに連れ込まれると、そこには反社会的勢力風の方々ともといた事務所の方々がいたそうです。

風吹ジュンさんの誘拐を聞きつけた警察が「暴力団がらみのタレント誘拐」として捜査し、ホテルのロビーで風吹ジュンさんを保護しました。

翌日の記者会見などでは、2つの事務所との間で移籍の話がこじれただけかと思いきや、また別の事務所とも契約をしていたという事実が発覚します。

3番目の事務所は、2番目の事務所は反社会勢力と繋がっていると言葉巧みに近づき、契約したそうです。

風吹ジュンさんは3番目の事務所には無理やり契約させられたと言いましたが、最終的には録音されたテープにより、全てわかった上で押印していたことが判明。

これにより過去の男性遍歴や詐称などが週刊誌に暴かれ、イメージが崩れ、一時はNHKから出演禁止になったこともあります。

しかし、その後のご活躍は皆様ご存知の通り。
自分を強く持ち、信念をもって進んでいる人はやはり輝いています。
たくさんの良い出会いを引き寄せる力もあり、現在は女優さんとして素敵な毎日を送っています。

中国茶にハマっている

2018年に放送された「マツコの知らない世界」で、中国茶について熱く語っています。
風吹ジュンさんが中国茶と出会ったのは、50代になってから。
改めて自分の人生をしっかり考えようと思った時、たまたま入った中国茶専門店で、中国茶のおいしさに感動したそうです。
産地への興味があり、店主の買い付けに同行するまでになっているそう。
これまでに中国茶の産地、21か所を訪問しているそうです。
そして、中国茶用のタンブラーまでデザインしています。

美味しいだけでなく、番組では中国茶のことを「私にとって中国茶は人生の色々を洗い流してくれたもの」と表現しています。

番組で紹介されたのは、台湾出身の簡 里佳(かんりか)さんが経営している「今古茶籍(ここんちゃせき)」という渋谷区富ヶ谷にあるお店です。

まとめ

いかがでしょうか。
風吹ジュンさんは本当にいつ見ても綺麗です。
CMで見かける度、あれ?若返ってる気がする…と毎回感じます。
また新たなドラマや映画で素敵な演技が見れる事を楽しみにしています。

下に、出演したCM・ドラマ・映画をまとめました。
気になる方はチェックしてみてください。

軽い気持ちで始めたら、気づけば膨大な量になりまして…
風吹ジュンさんの歴史を感じました。

出演CM

・ミツカン 「PIN八方だし ゆずぽん 味ぽん」
・レディースアートネーチャー
・アサヒ飲料 「三ツ矢サイダー」
・カネボウ化粧品 「エビータ」
・チョーヤ 「梅酒」
・ワコール 通販カタログ
・月桂冠「月」
・明星食品 「チャルメラ」
・NTT東日本 「フレッツフォン」
・大正製薬 「ナロンエース
・日産自動車 「サニー」
・花王「ソフィーナ」
・グンセ「快適工房」
・本田技研工業「ラクーン
・牛乳石鹸
・クボタ
・財務省「個人向け国債」  など

出演映画

1977年
「白熱 デッドヒート」-志田真木
 
1987年
「火の鳥」-オロ
「原子力戦争 LOST LOVE」-青葉翼
「九月の空」-小林世津子
  
1979年
「蘇える金狼」-永井京子

1980年
「五番町夕霧楼」-敬子
「はだしのゲン パート3 ヒロシマのたたかい」-野村スミ子

1981年
「獣たちの熱い眠り」-清水孝子
「SPACE ADVENTURE コブラ」-ドミニク(声)
 
1984年
「春桜 ジャパネスク」(ビデオ作品)-桜の化身

1987年
「紫式部 源氏物語」-朧月夜(声)

1989年
「バカヤロー!2 幸せになりたい。」-岡田夏子

1991年
「無能の人」-助川モモコ
「男の仕事 張り込み」(ビデオ作品)

1992年
「ザ・中学教師」-足立常子
「男はつらいよ 寅次郎の青春」-富永蝶子

1993年
「水の旅人~侍KIDS」-楠林優子

1994年
「毎日が夏休み」-林海寺良子
 
1995年
「ガメラ 大怪獣空中決戦」-買い物の主婦
「時の輝き」-神崎麻子
「あした」-大木貢の母

1997年
「釣りバカ日誌9」-庄野茜
「恋と花火と観覧車」-森原のぞみ

1998年
「麗猫伝説」-陽子

1999年
「カリスマ」-神保美津子
「コキーユ・貝殻」-早瀬直子
「金融腐蝕列島・呪縛」-北野今日子

2000年
「マヌケ先生」-辰村千栄子
「スリ」-松浦鈴子
「ホーム・スイートホーム」-山下菊子
 
2001年
「回路」-工藤ミチの母
「降霊」-佐藤純子
 
2002年
「夜を賭けて」-金敬子
 
2003年
「手紙」-大森早穂子
「偶然にも最悪な少年」-精神科医
「ぷりてぃ・ウーマン」-森下裕子
NHKBS2「小津安二郎生誕百年特集」(無声映画のセリフ)
   「東京の女」(1993年作品)
   「落第はしたけれど」(1930年作品)
   「母を恋はずや」(1934年作品)

2004年
「かまち」-山田千鶴子
「理由」-小糸静子
 
2005年
「ゴーヤーちゃんぷるー」-村岡喜美子
「ベロニカは死ぬことにした」-ショウコ
「サヨナラCOLOR」-笈川未知子の母
「タッチ」-上杉晴子
「鳶がクルリと」-飯野圭子
 
2006年
「ゲド戦記」-テナー(声)
「ハリヨの夏」-大島敦子
 
2007年
「魂萌え!」-関口敏子
「イエスタデイズ」-柳田節子
「包帯クラブ」-本橋阿花里の母
 
2008年
「イキガミ」-滝沢和子
 
2009年
「女の子ものがたり」-藤井里美
 
2010年
「最後の忠臣蔵」-きわ
 
2011年
「僕と妻の1778の物語」-片岡晴子
「ジーン・ワルツ」-山咲みどり
「八日目の蝉」-沢田昌江
「うさぎドロップ」-河地良恵
「冬の日」(中編作品)-加藤なおこ
「コクリコ坂から」-松崎良子(声)
「オムライス」-「森田ドライクリーナー」店主の妻
 
2012年
「赤い季節」-バイク店を経営する陽子役

2013年
「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」-橋川サキ子 
「東京家族」-かよ- 
「永遠の0」-佐伯清子

2014年
「抱きしめたい-真実の物語-」-山本つかさの母

2015年
「海街diary」-二ノ宮さち子-

2016年
「家族はつらいよ」-居酒屋かよの女将-
「家族はつらいよⅡ」「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」にも出演

2017年
「武曲 MUKOKU」-大野三津子‐

2019年
「そらのレストラン」-大谷佐弥子-
「マチネの終わりに」-小峰信子-

ドラマ

風吹ジュンさんの出演テレビドラマです。
主役や主演は少ないですが、ヒロインや大事な役どころも多いです。

1973年
TBS「ママはライバル」-花屋の店員-

1974年
テレビ東京「じんじんの仁」-桜小路マリ子-
TBS「若い!先生」-葉山ミキ-

1975年
TBS・水曜劇場「寺内貫太郎一家2」-寺内節子-
TBS「ばあちゃんの星」-れい子-
TBS「破れ傘刀舟 悪人狩り」-おみよ-

1976年
TBS「花吹雪はしご一家」-妊婦・あき-
日本テレビ・金曜劇場「前略おふくろ様Ⅱ」-鈴木春子-
TBS「江戸特捜指令」

1977年
TBS・木下恵介「人間の歌」シリーズ
TBS「新・夜明けの刑事」
日本テレビ・グランド劇場「魔女と呼ばれる占い師は自己革命を夢みてた」
TBS・金曜連続ドラマ「岸辺のアルバム」-篠崎雅江(哀愁)-
TBS「Gメン’75」-松村アキコ・白川理沙-
TBS「冬の運動会」
フジテレビ「華麗なる刑事」-野田さなえ-
テレビ朝日・土曜ワイド劇場「二人の夫を持つ女」
  

1978年
テレビ朝日「江戸プロフェッショナル 必殺商売人」(朝日放送制作)-おうら-
テレビ朝日「東京メグレ警部シリーズ」(朝日放送制作)
TBS「七人の刑事」
NHK・土曜ドラマ鎌田敏夫シリーズ「十字路(1)」-時枝-
NHK・銀河テレビ小説「ガラスの女」
NHK「女たちの家」
テレビ朝日「浮浪雲」
TBS・金曜連続ドラマ「家族熱
日本テレビ「大追跡」-ナツコ-
日本テレビ・金曜劇場「熱中時代(1)」-東和美-

1979年
テレビ朝日「チェックメイト78」(朝日放送制作)
NHK・土曜ドラマ向田邦子シリーズ「阿修羅のごとく」-竹沢咲子-
フジテレビ「同心部屋御用帳 江戸の旋風(4)」-お久美-
TBS・東芝日曜劇場「馬・逃げた!」(北海道テレビ制作)
フジ・日曜恐怖シリーズ「呪われた大時計 ネジの叫び」(関西テレビ制作)-ヒロイン 景子-
TBS・木曜座「オレンジ色の愛たち」-桂子-

1980年
TBS・資生堂テレビスペシャル「源氏物語」
NHK・土曜ドラマ向田邦子シリーズ「阿修羅のごとく パートⅡ」-竹沢咲子-
日本テレビ「探偵物語」第21話「欲望の迷路」-滝田ハナコ-
TBS・金曜ドラマ「港町純情シネマ」-妙子-
TBS・花王愛の劇場「再会の海」-主役-

1981年
テレビ朝日・傑作推理劇場「消えた献本」
テレビ朝日・土曜ワイド劇場「松本清張 山狭の章 みちのく偽装心中」
テレビ朝日・土曜ワイド劇場「終着駅殺人事件 上野-青森ミステリー特急ゆうづる」-村上陽子-
テレビ朝日「特捜最前線」第215話「シャムスンと呼ばれた女!」-幸田シャムスン-

1982年
テレビ朝日・土曜ワイド劇場「書道教室 消えた死体」-神谷文子-
TBS「ひまわりの歌」第19話-潮見桂子 –
TBS「あまく危険な香り」-中川信江-
日本テレビ・火曜サスペンス劇場「松本清張の花氷」-坂本登代子-
NHK「立花登 青春手控え」第5話「花一輪」-お英-
TBS・ザ・サスペンス「女子大生危険な帰り道 刑事ガモさん新登場!」
フジテレビ「セーラー服と機関銃」- 三大寺真由美-
日本テレビ・火曜サスペンス劇場「特別病棟の女」
TBS・ザ・サスペンス「松本清張の馬を売る女 お願い!もう一度だけ好きだといって」-主役 星野花江- 
TBS・ザ・サスペンス「刑事ガモさん2 さらば愛しきテニス妻よ」-蒲生由美子-
テレビ朝日「特捜最前線」-美奈子-

1983年
フジ・木曜ファミリーワイド「ドラマスペシャル 北の国から’83冬」-沢田妙子-
テレビ朝日・土曜ワイド劇場「横溝正史の鬼火 仮面の男と湖底の女」-大橋京子-
NHK・ドラマ人間模様「父への手紙」
TBS・東芝日曜劇場「7年目のスイートホーム」
日本テレビ・木曜ゴールデンドラマ「目撃者ご一報下さい 二人妻を持つ男が殺された!犯人は・・」(よみうりテレビ制作)-加藤まさ枝-
日本テレビ・火曜サスペンス劇場「麗猫伝説 呪いと哀しみと いま甦る化猫の亡霊」
TBS・日立テレビシティ「ランドセルと目玉焼き」
フジテレビ「恋人よ、われに帰れ Lover Comeback Me」
テレビ朝日・土曜ワイド劇場「松本清張の断線 新妻を棄て、愛人を殺し、年上の女と心中した男」-浜井乃里子-

1984年
NHK・土曜ドラマ「青春スクランブル」
テレビ朝日・土曜ワイド劇場「高級コールガールの殺人」(朝日放送制作)-圭子-
テレビ朝日・土曜ワイド劇場「結婚 結婚サギ師が手玉にとった5人の女!」
  

1985年
TBS・恋はミステリー劇場・向田邦子新春スペシャル「夜中の薔薇」-小林薫の彼女-
TBS・恋はミステリー劇場・向田邦子新春スペシャル「冬の家族」
TBS・テレビ小説「愛の風、吹く」
NHK・ドラマスペシャル「好色一代男~おらんだ西鶴」

1986年
フジテレビ・木曜劇場「ライスカレー」-加納朋子-

1987年
TBS「ママはアイドル!」-時田ゆか子-
TBS「ぼくの姉キはパイロット!」-三浦桃子-
TBS「パパはニュースキャスタースペシャル 
       摩天楼はバラ色に 父娘4人、ニューヨークで劇的再会編」-竹田静子-
日本テレビ・火曜サスペンス劇場「土地狂乱殺人事件」-藤木夕子-
 
1988年
フジテレビ「君の瞳をタイホする!」
TBS「ママはアイドル!スペシャル完結編」-時田ゆか子-
NHK・ドラマスペシャル「円空」-津軽の女-
TBS・ドラマ23「危険なラブコール」-成田よしこ-
TBS「若奥さまは腕まくり!」第7話「お見合い大作戦」-川添光江-
フジテレビ「晴海コンパニオン物語」-下山総子-

1989年
フジ・直木賞作家サスペンス「ブルースはお好き」(関西テレビ制作)
日本テレビ・水曜グランドロマン「凍れる瞳」
TBS・土曜ドラマスペシャル「愛人さまのお通りだい!」-川野京子-
TBS「愛し方がわからない」-波子-

1990年
NHK・ドラマ10「家族物語」-栄子-
フジテレビ「パパ!かっこつかないゼ」-磯野美奈子-
NHK「旅のはじまり」-小宮紀子-

1991年
TBS・月曜ドラマスペシャル「向田邦子新春シリーズ 女正月」
TBS「ママって、きれい!?」第5話 -ユリコ-
NHK・水曜ドラマ「マダム・りん子の事件帖」第8話「消えた予備校生」-川辺幸子-
TBS・ドラマチック22「オジサンは怒っているんだゾ!」-小暮裕子-
TBS・月曜ドラマスペシャル「向田邦子記念特別 新・寺内貫太郎一家」-かな子- 

1992年
NHK・金曜ドラマ「腕におぼえあり(1)」-細谷文(あや)-
フジテレビ・金曜ドラマシアター「新宿サラ金物語」-バーのママ-
日本テレビ・ドラマシティー92「悪霊の午後」(よみうりテレビ制作)-藤綱慶子-
フジテレビ・花王ファミリースペシャル「虹が出た!(7)置き土産」(関西テレビ制作)-小料理屋の未亡人-
フジテレビ・旅情サスペンス「遠い記憶 岩手盛岡風ひかる里」(関西テレビ制作) -世里子-
日本テレビ「教師夏休み物語」-下村純子-
TBS「夏の嵐!」-山内志保-
日本テレビ・火曜サスペンス劇場「さらわれたい女」-鈴木千夏-
NHK・金曜ドラマ「腕におぼえあり(2)」-細谷文(あや)-
TBS「藤子不二雄Aの笑ゥせぇるすまん実写版」-夢見由紀子-
TBS・東芝日曜劇場「拝啓、男たちへ(4)闘いたい男たち」-佐知子-
テレビ朝日「水清冽の長良川 愛されたくて」(名古屋放送制作)-堀和子-
日本テレビ「綺麗になりたい」(よみうりテレビ制作)-朝山杏子-
テレビ朝日・土曜ワイド劇場「運命の銃口 東京-金沢500キロ・
   愛と憎しみの旅路 真夜中を突っ走れ」(ABC制作)-神谷佐智子- 

1993年
NHK・金曜ドラマ「腕におぼえあり(3)」-細谷文(あや)-
フジテレビ「ひとつ屋根の下(1)」第9-12話 -中川京子-
日本テレビ・火曜サスペンス劇場「逃げたい女」-鈴木千夏-
TBS・月曜ドラマスペシャル「娘36歳少し不幸せ」-菊原巴絵-
日本テレビ・火曜サスペンス劇場「名無しの探偵(9) ガーベラの女」-ヒロイン 園田いつみ-
日本テレビ・土曜グランド劇場「大人のキス」-ヒロイン 小島祥子- 
  
1994年
TBS・JTドラマBOX「デザートはあなた」(毎日放送制作)第18話-萌子-
フジテレビ・愛と疑惑のサスペンス「黒い月」(関西テレビ制作)-根上千枝子-
フジテレビ・木曜劇場「この愛に生きて」-奥脇春絵-

1995年
TBS・月曜ドラマスペシャル「向田邦子新春シリーズ 風を聴く日」-柿沼しな子-
フジテレビ「最高の片想い WHITE LOVE STORY」-加藤佐和子-
TBS・東芝日曜劇場「きのうの敵は今日も敵」-井上里美-
フジテレビ・金曜エンタテイメント「幻の料理人-宗次郎外伝」-橘麗子-
フジテレビ・金曜エンタテイメント「中島らもの変なお父さん・お父さんのロックンロール」-満田美代子-
日本テレビ「日本一短い「母」への手紙2」 第1話 -鈴木小百合-
NHKBS2「松ヶ枝町サーガ」-良子-
NHK・土曜ドラマ「一日三回食後に服用 よひんびん物語」-水木玲子-
テレビ朝日・サントリーミステリースペシャル「密使 メキシコ荒野で日本人連続殺人!青年外交官と謎の女に迫る影、銃VS日本刀」(朝日放送制作)-アンヘリーカ・カトウ- 

1996年
テレビ東京・初春ドラマスペシャル「小石川の家」–田川里昇-
フジテレビ「ピュア pure」-折原孝子-
NHK・連続テレビ小説「ひまわり」-潮見桂子-
NHK・土曜ドラマ「我等の放課後」-山巻亜紀子-
テレビ朝日「はみだし刑事情熱系」-根岸玲子-

1997年
フジテレビ・金曜エンタテイメント「ざけんなョ!!10-飛んで火に入る玉の輿-」
NHK・土曜ドラマ「風のねがい さすらう詩人運転手が13年ぶりに娘に出会った・・・」-大野みどり-
TBS・東芝日曜劇場「理想の上司」-坂本いづみ-
フジテレビ「ひとつ屋根の下(2)」-中川京子-
WOWOW・開局5周年「ヒロインたちの反乱 風吹ジュン編」
テレビ東京・森繁久彌ドラマスペシャル「おじいさんの台所 83才からの一人暮らし・父娘泣き笑いの老後」-和美-
テレビ朝日「はみだし刑事情熱系(2)」-根岸玲子-
NHK・土曜ドラマ「もうひとつの心臓 27年ぶりによみがえる母と娘の愛」-北村文枝-

1998年
TBS「マヌケ先生 A TELEVISION」(中国放送制作)-辰村千栄子-
NHK・金曜時代劇「物書同心いねむり紋蔵」-藤木里-
TBS「青の時代 La periode bleue」-安積満江-
日本テレビ・24時間テレビチャリティードラマ98「心の扉」-馳よし江-
テレビ朝日「はみだし刑事情熱系(3)」-根岸玲子-

1999年
TBS・月曜ドラマスペシャル「同窓会へようこそ-遅すぎた夏の帰郷・昔の恋人に導かれ死の淵へ・・・20年間封印され続けた故郷の過去とは」-森田加代子-
NHKBS2・衛星ドラマ劇場「日輪の翼」-シズコ-
フジテレビ・秋の恐怖スペシャル「降霊 ウ・シ・ロ・ヲ・ミ・ル・ナ」(関西テレビ制作)-佐藤純子-
テレビ朝日「はみだし刑事情熱系(4)-根岸玲子-
テレビ朝日・ドラマスペシャル「手塚治虫劇場 ふしぎなメルモ」-メルモ-
  
2000年
フジテレビ「愛をください」第9-12話-長沢杏子- 
テレビ朝日「ひかりのまち」(HTB制作)-倉島加代子-
テレビ朝日「はみだし刑事情熱系(5)」-根岸玲子-
BSi・開局記念特別番組「PEACE WAVE-ウクレレと少年-」-久田沙織-

2001年
テレビ東京・21世紀特別企画「天国までの百マイル」-城所英子-
NHK「死者からの手紙」-立花香織-
NHK・連続テレビ小説「ほんまもん」-山中千里-
テレビ朝日「はみだし刑事情熱系(6)」-根岸玲子-

2002年
テレビ朝日「サトラレ」-里美弘子-
日本テレビ・24時間テレビスペシャルドラマ02「父さんの夏祭り」-森脇由紀子-
NHK・連続ドラマ「精霊流し あなたを忘れない」-大石節子-
日本テレビ・火曜サスペンス劇場「言えない関係」-主演 相川光子-
 
2003年 
テレビ朝日「はみだし刑事情熱系(7)」-根岸玲子-
TBS「年下の男」-山口花枝-
フジ「ムコ殿2003」-鮫肌芙美子-
NHK・ハイビジョンドラマ館「R.P.G ロール・プレーイング・ゲーム-作られた家族の秘密-」-石津ちか子-
BSジャパン・女と愛とミステリー「樋口警部補(1)朱夏 妻が消えた日 -家族を狙う不気味な影」-樋口恵子-
テレビ朝日・ヒューマンドラマスペシャル「ぼくらはみんな生きている」-沢村幸恵-
NHK・金曜時代劇「転がしお銀-父娘あだ討ち江戸日記-」-梅弥-
テレビ朝日「はみだし刑事情熱系クリスマスSP 尾道-しまなみ海道 港から消えた女!悲劇を結ぶ赤い花の謎!? 立ち上がれ兵吾! お前の刑事魂は死んだのか」-根岸玲子-

2004年
BSジャパン・女と愛とミステリー「十年-妻が夫を裏切った日!
  京都祇園祭と大文字の炎に身を焦がす女・裏切りと殺人・・・それぞれの愛し方」-漆原冴子-
TBS・日曜劇場「オレンジデイズ orangedays」-荻尾ゆり子-
テレビ朝日「はみだし刑事情熱系(8)最終章」-根岸玲子-
WOWOW・ドラマW「理由」(映画版)-小糸静子-
NHK・よるドラ23「トキオ 父への伝言」-東條須美子-
BSジャパン・女と愛とミステリー「警視庁・樋口警部補(2)リオ-水曜日の殺人者・都会の闇に消えた黒いコートの女! 母と娘の捨てられた10年が招いた悲劇の裏側」樋口恵子-
TBS・水曜プレミア 平成16年度文化庁芸術祭参加作品「無名」-倉沢玲子-
 

2005年
フジテレビ「みんな昔は子供だった。」(関西テレビ制作)-高木ナツ-
NHK・よるドラ23「理想の生活」-等々力雅美-
フジテレビ・文化庁芸術祭参加作品「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」-沢村サト-
日本テレビ・DRAMA COMPLEX「理由 日テレヴァージョン」-小糸静子-

2006年
TBS・日曜劇場 TBSテレビ放送50周年記念特別企画「輪舞曲-ロンド-」-金山恵子-
NHK・土曜ドラマ「WALKERS-迷子の大人たち-」-寺島靖子-

2007年
NHK・大河ドラマ「風林火山」-大井夫人-
フジテレビ「わたしたちの教科書」-雨木真澄-
TBS・金曜ドラマ「歌姫」-岸田浜子-
テレビ朝日・土曜ワイド劇場 30周年・放送1500回記念「半落ち 妻殺しの元刑事-空白の二日間!!『あと1年』の供述に夫婦の秘密・・警察が揺らぐ!?」-梶啓子-

2008年
TBS・ナショナル劇場「あんどーなつ」-月岡光子-
 
2009年
フジテレビ「トライアングル 初恋の少女は、25年前に殺された。はずだった。」(関西テレビ制作)-葛城清子-
WOWOW・ドラマW「戦力外通告」-宇津木恵里子-
NHK「幸福(しあわせ)のスープはいかが?」-田尾-
フジテレビ「黒部の太陽 戦後日本の復興に命を賭けた男たち! 巨大ダム建設のために前人未踏の秘境に挑め!!」-滝山ふじ江-
フジテレビ「婚カツ!」-溝口静子-
NHK・金曜ドラマ「ツレがうつになりまして。」-小諸里子-
TBS・シリーズ激動の昭和3「最後の赤紙配達人-悲劇の“召集令状”64年目の真実-」-寺田駒野-
日本テレビ・スペシャルドラマ「働くゴン!」-篠田伽帆-
スペシャルドラマ「ミエルヒ」-越田厚子-
 
2010年
フジテレビ「素直になれなくて」-水野祥子-
日本テレビ・ドラマスペシャル「離婚シンドローム―妻に今すぐ出て行って!と言われたら―」 -鈴木静子-
フジテレビ・松本清張スペシャル「球形の荒野」-野上孝子-

2011年
NHK「四十九日のレシピ」-熱田乙美-
フジ金曜プレステージ・さだまさしドラマスペシャル「故郷-娘の旅立ち-」-佐伯美砂代-
WOWOW・ドラマW「遠い日のゆくえ」-喜和子-
フジ木曜劇場「それでも、生きてゆく」-遠山隆美-
NHKBSプレミアム「おまえなしでは生きていけない-猫を愛した芸術家の物語」第3夜 向田邦子編「愛猫だけが見ていた人気脚本家の涙」
フジ「フリーター、家を買う。」スペシャル-小百合-
テレビ朝日「ドラマスペシャル 愛・命-新宿歌舞伎町駆け込み寺-」-徳永たま-

2012年
テレビ朝日・金曜ナイトドラマ「13歳のハローワーク」-東唄子-
テレビ朝日ドラマスペシャル「灰色の虹」-江木聡子-
 
2013年
NHK大河ドラマ「八重の桜」-山本佐久-

テレビ朝日開局55周年記念スペシャルドラマ「最も遠い銀河」-渡鈴子-
   
2014年
テレビ朝日「黒い福音~国際線スチュワーデス殺人事件」-星野佳代子-
NHK「55歳からのハローライフ」〔第2話“ペットロス”〕-高巻淑子-
NHK「55歳からのハローライフ」〔第3話“結婚相談所”〕-高巻淑子-
BSスカパー!/時代劇専門チャンネル「闇の狩人」〔前後編〕-おしま-
NHKBSプレミアム「鵜飼いに恋した夏」-笹本葉子
TBS「ママとパパが生きる理由。」-麻見槙子-

2015年
NHK「二十歳と一匹」-藤原富美子
フジテレビ「デート~恋とはどんなものかしら~」-谷口留美-
日本テレビ「アイムホーム」〔第5話以降〕-家路梓-(
フジテレビ「デート~恋とはどんなものかしら~2015夏 秘湯」-谷口留美-
NHK「あさが来た」(朝の連続テレビ小説)-白岡よの-

2016年
TBS「家族ノカタチ」-熊谷律子-
NHK「あさが来た スピンオフ 割れ鍋にとじ蓋」-白岡よの-
日本テレビ「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」(24時間テレビドラマスペシャル)-弓子-
NHK「忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~」〔第9話から〕-富子-

2017年
日本テレビ「やすらぎの郷」-菊村律子
日本テレビ「母になる」-柏崎里恵-

2018年
NHK「半分、青い。」(朝の連続テレビ小説)-楡野廉子-(ヒロイン/永野芽郁の祖母) ※ナレーションも担当
フジテレビ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」-柴門恵-
日本テレビ「誘拐法廷~セブンデイズ~」-高嶺文子-

2019年
NHK「みかづき」-赤坂頼子-
日本テレビ「やすらぎの刻~道~」菊村律子・根来しの
WOWOW「坂の途中の家」-山咲里子-

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhatenatooをフォローしよう!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る