基礎化粧品の使い方と順番 スキンケアで一番大事なのは?どれにお金をかける?

基礎化粧品の種類

基礎化粧品の種類って、とにかくたくさんありますよね。
クレンジングと洗顔はわかりやすいですが、化粧水・乳液・パック・マッサージ・クリーム・美容液と、何をどの順番でどうやって、どんな方法で使用するのかわからない!!
スキンケアでどれにお金をかけたらいいのか、何を使えばいいのか、どの順序で使うのか、一番大事なのはなんなのか。
少しでもわかりやすくお伝え出来れればと思います。

ちなみに、化粧品を使う上で一番大事なことは、「用法用量を守って、正しく使用する事」だと思います。
高いからといってケチって使うくらいなら、安いものをきちんと使ったほうがいいと私は思います。

基礎化粧品の種類

スキンケアで使う基礎化粧品の種類を8種類に分けて説明します。

・クレンジング
・洗顔・ソープ
・マッサージ
・パック
・化粧水
・美容液
・乳液
・クリーム

いっぱいありますね。
お肌に一体何層塗れば良いのでしょうか…
全部使ったらいくらかかるんでしょう…
朝と夜で使うものは違うのか…

基本的には上記に書いた順番通りに使用します。
しかし、ブランドによっては別の使用方法をする場合がありますので、使う時はよく読んで、よく聞いてから使用してください。

絶対に欠かせない化粧品

スキンケアでお肌を健康に保つために、絶対に欠かす事の出来ないものを紹介します。

クレンジング

クレンジングは肌を清潔に保つためのもので、油性の汚れを溶かし、浮き上がらせます。
油性の汚れを溶かして浮き上がらせるので、こする必要はありません。
これによりメイクを落とし、皮脂や毛穴に詰まった汚れを取り除きます。
仕様サイクルは1~2カ月のものが多いです。

濡れた手でも使える、お風呂でも使えるクレンジングもありますが、乾いた肌の状態にしか使用できないものもあります。
よく読んでから使用しましょう。

クレンジングにはいくつか種類があります。

<クリームタイプ>
使用感はしっとり、洗浄力は高いです。
時間をかけてマッサージしながら落とすので、マッサージ効果も期待でき、血行がよくなります。
毛穴の汚れもしっかりと落としてくれます。

しっとりと仕上がるため、乾燥肌の方にはお勧めです。
また、バッチリとしっかりメイクする人にも向いています。

個人的な感想ですが(私自身の技量の問題ですが)、しっとりと仕上がり、マッサージも出来て一石二鳥なのは実感できるのですが、まつげが短いのかなんなのか、必ず目に入ってしまい、しばらく視界に膜がかかったようにボヤけて見えます…
使用する際は気を付けて使用してください。

<オイルタイプ>
軽くなじませるだけで、落ちにくいメイクも素早く落とします。
洗浄力は高いです。

さっぱりと仕上がるので、オイリー肌の方にお勧めです。
また、簡単に便利に化粧を落としたい人向けです。

<ジェルタイプ>
ジェルタイプはオイルを固めたものです。
油っぽい感じはありません。
肌に密着して、汚れを素早く落とします。

さっぱりと仕上がるため、オイリー肌の人にお勧めです。
オイルタイプより、さっぱり感はありません。(少し潤いを感じる)
オイルタイプのツッパリが気になる方はジェルタイプがおススメです。

<ローション>
ふき取るだけなので、素早くクレンジングできます。
使用感はサッパリのものがほとんどです。

とにかく時短でメイクを落としたい時にはとても便利です。
しかし、毎日使用するのはあまりお勧めできません。
残業や飲み会で終電帰宅、お風呂なんて入りたくない、すぐに寝たい。
そんな時の最終手段として、常備しておくのはありだと思います。

<ミルキィ>
軽い感触でスピーディーに洗い流せます。
どちらかというとしっとりと仕上がります。
オイルっぽいのが苦手な方にはおススメです。

洗顔・ソープ

皮膚表面の古い角質や埃を取り除きます。
また、硬くなりがちな角質を滑らかにして取り除く役割もしています。
泡で汚れを包んで洗い流します。
皮膚をふやかしていくので、力を入れずに泡で洗っていきます。

洗顔は泡が命です。
手でゴシゴシこすると、お肌を傷つけます。
手でこするのではなく、泡の弾力で擦ります。

↓↓こんなイメージ↓↓

手だけでも泡立つ商品もありますが、泡立てネットがあった方がよりきめ細やかな泡を作る事ができます。
時間もそんなにかかりません。
高級な洗顔フォームを勿体ないからとケチって泡立ち悪く使うくらいなら、安くても規定量をしっかり泡立てて使用した方がお肌にはいいのではないかと思っています。

W洗顔(ダブルせんがん)という言葉がありますが、これはクレンジングと洗顔を両方するということです。
クレンジングでは油性であるメイク料と皮脂の汚れを、洗顔では水溶性であるホコリや汗、角質を落とします。
W洗顔不要という商品もあるようですが、汚れを落とすというのは一番大事な所ですので、時間がかかってもしっかりと両方してほしいかなと思います。

洗顔にも種類があります。
<クリーム>
つっぱり感がなく、使用後はしっとりと仕上がります。
泡立ちはクリーミィです。

しっとりを好む方にはおススメです。

<パウダー(酵素洗顔料)>
粒状の洗顔です。
硬い角質を整えるのが得意なタイプです。

角質が気になっている方や、さっぱりとした仕上がりが良い人にはおススメです。
酵素と聞くとなんだか強力な感じがしますが、古い角質を分解して代謝をスムーズにしてくれるもので、お肌には大変重要な成分です。
肌を傷つけることなく、汚れだけをしっかりと落としてくれるので、とても心強いです。

<固形石鹸>
固形タイプはきめ細やかや泡立ちが特徴です。
どんなタイプの肌にも使用できます。
昔ながらの石鹸はサッパリとした仕上がりになりますが、最近のものはしっとりと仕上がるものもあります。
使用感ではなく、固形タイプが好きという方は是非使ってみてください。

化粧水(ローション)

化粧水は肌に潤いを与えます。
乾燥や肌荒れを防ぎ、皮膚を弱酸性にし、皮膚を引き締め、メイクのもちを良くします。
皮膚の角質を強く美しく保つためには、必要不可欠なアイテムです。

導入液というものがあり、これは化粧水の前につけることで、化粧水の浸透がよくなるというものです。

乳液(エマルジョン)

乳液は潤いを効果的に保つ役割があります。
化粧水でお肌に取り入れた水分を逃がさない為のものです。
性質の異なる水と油が安定した形で混ざり合っている状態(乳化状態)のもので、水だけや油だけよりも肌に馴染みやすく、効果的に浸透します。

潤いを保つだけでなく、肌のバリア機能を高める効果もあります。
また、肌を柔らかくする役割もあります。
朝に使用する事で、ファンデーションのつきを良くしてくれます。
夜に使用する事で、後に使うクリームのなじみを良くしてくれます。

肌に元気がない時や、乾燥が気になる時は、乳液でマッサージするといいです。
わざわざマッサージクリームを買わなくても、乳液で代用できます。

オプションケア

ここからはオプションケアの紹介です。
上記の基礎の化粧品に加えて使用することで、さらにお肌を美しく綺麗に保つことができます。

美容液

美容液は肌の状態や目的に応じて使用する事で、肌の状態を整えます。
美白、角質、保湿、ニキビなど、目的は多岐に渡ります。

<拭き取りタイプ>
さっと使えるのが嬉しい拭き取りタイプ。
古い角質などを取り除きます。
角質を除去することにより、後に使用する化粧品の浸透を良くします。

<プロテクトタイプ>
下地効果を兼ねて使用するもので、日中の乾燥から肌を守ります。
「化粧水の後、これ一本!」という日中美容液も発売されています。
時間のない朝には重宝する一品です。

<保湿タイプ>
保湿効果をさらに高めてくれるものです。
化粧水の前につけるタイプが多い気がします。
個人的には、この保湿美容液が一番おススメです!
保湿美容液の後に化粧水をつけると、乳液いらないんじゃないかというくらい、しっとり仕上がります。

美容液は本当にたくさんの種類があります。
それぞれ使用順序や使い方が違うので、用法用量を間違えることなく正しく使って、最大限の効果を実感しましょう!

マッサージ

血液やリンパ液の循環を良くすることで、肌の新陳代謝を高めます。
皮膚内部への栄養の供給をすると共に、老廃物を体外へ排出。
またマッサージの後に使用する化粧品の効果を高める効果もあります。

マッサージというとスペシャルケアのような感じがしますが、どんな人でも大変効果が期待できるものです。
若い人や、皮脂分泌の多い人、分泌がアンバランスなOD肌にもおすすめです。

しかし敏感肌の方や日焼けやニキビなど、トラブルの起きている肌は避けた方がいいと思います。

高額のマッサージクリームの方がお肌に必要な栄養はたっぷり入っているかもしれません。
しかし、マッサージすることで肌の新陳代謝を高める効果は期待できますので、安いものでもマッサージを行う事が重要になってきます。
毎日でなくても、週に1回、休みの前の日など、回数を決めて取り入れていきましょう。
わざわざマッサージクリームを買わなくても、乳液で代用することもできます。

パック

パックはお肌の表面に皮膜をつくることで、内部から蒸発しようとする水分を留め、ハリのある状態に整えます。
皮膚の働きが活発になるため、老廃物が除去しやすくなります。

<シートタイプ>
一番よく見かけるタイプのパックです。
顔型のシートに美容液が染み込んでいるので、それをのせるだけ。

私は安いシートパックを使うと、すぐに痒くなってしまうので、使用しません。
美容液がたっぷり使われているものもあるので、毎日ではなくスペシャルケアとして少し高級なものを使用してもいいのではないかなと個人的には思います。

<マスクタイプ>
マッサージするようにのばし、5分~10分ほどおきます。
その後、洗い流すか拭き取ります。

<剥がすタイプ(皮膜タイプ)>
目の周りや唇を避けて、指定時間放置した後、はがすタイプです。

クリーム

クリームは水分と油分を補い、肌に栄養を与えるものです。
肌をしっとりなめらかに整え、キメを整えます。

使用している油分は皮脂から分泌される成分に近いものになります。
そのため、角質層への浸透や吸収がよく、肌荒れを防いでくれます。
クリームは時間をかけて、溶けながらお肌に入っていく遅効性(ちこうせい)です。

クリームは夜に使用します。
肌は夜に作られるため、自律神経の働きで皮膚に血液が行き渡り、栄養が与えられて、表皮細胞の分裂が行われる夜にクリームをいれてあげることで、より効果的に成果を出すことができます。

洗顔後、クリームだけ使用しているという方もいるようですが、準備のできていない乾いた肌にクリームを塗っても、お肌の奥まで浸透できません。
絶対に外せない化粧品である、化粧水、乳液をしようし、クリームが浸透しやすいお肌を作ってから使用することがクリームの高かを最大限に発揮するポイントです。

朝と夜の使い分け

お肌に栄養を与えてあげたりするスペシャルケアなどは、夜だけ行う事がほとんどです。

朝は夜の間にでた皮脂を洗顔でしっかり落とし、化粧水・乳液でしっかりとお肌を整えてからメイクをしましょう。
美容液も種類によっては朝も使うとメイクのもちがよくなったりしますので、自分の使用している美容液を確認してみてください。

日焼け止めは忘れずに!
メイクをすればそれに含まれていることが多いですが、ちょっと帽子を被って近所に買い物なんて時は、日焼け止めだけは忘れずにつけましょう。

夜は素肌を休ませます。
マッサージやパック、クリームは夜にじっくり時間をかけて肌をいたわってあげる時に使用してください。
化粧品の効果もありますが、ストレスを癒す事も肌のためになります。
素敵な化粧品で自分を労る素敵な時間を過ごすことで、日々のストレスから一瞬だけでも解放されましょう!

どれにお金をかけたらいいのか

使用する化粧品全てにお金をかけていたら、キリがありません。
自分の肌に合うブランドのラインを一式揃えたら、すごい金額になってしまいます…
同じブランドのものを一式並べて使うなんて、女の夢ですので、いつかはそんな生活してみたいですけどね。

しかし、現実には化粧品は結構高額です。
スキンケアだけではなく、メイクにもお金かかりますし…
ドラッグストアでプチプラを狙っても、1年で使用する金額は結構なお値段になります…
クレンジングもピンキリですが、500円のものから5000円以上する商品もあります。
クリームにいたっては…10万円以上する強者もゴロゴロいます。
値段が全てではないですし、自分のお肌に合ったものを使うのが一番ですけどね。←強がりにしか聞こえませんね笑

毎日正しく使用すれば、2ヶ月ほどで使いきるかと思うので、1年で見るとかなりの出費になります。
自分が1年でどのくらいの額を化粧品に費やせるのか、お財布と相談してみてください。

安いものが悪いわけではありません。
自分の肌の調子がよいもの、自分の肌にあっているものが一番です。
ストレスを忘れたい場合、香りも大切なポイントだと思います。

その中で私がお金を惜しまずに買っているのが、クレンジングと導入美容液です。
それ以外のものは、ドラッグストアにいってその時に安いものを買ったり、その時の状況に応じて買っています。
誕生日プレゼントなんかでクリームなんか戴いてしまった日にはもう…飛び上がるほど嬉しいです。

なぜその2つを大事にしているか。

<クレンジングについて>
私は肌のお手入れの中では、汚れを落とすという事が一番大事だと思っております。
汚れがきちんと落ちていない所に高級なものを塗ったところで、効果が半減してしまう気がする…
また美容部員さんに言われたことで、落とす作業が肌に一番負担をかけるという言葉が耳に残っています。

いろいろなものに挑戦しましたが、今はジェルタイプのメイク落としを使用しています。
全薬工業のジュレリッチというブランドです。
なんと1本3500円!
うちの家計には大打撃ですが、1日頑張ってくれたお肌を労るためにも、ここだけは譲らずに頑張っています。

<導入美容液について>
導入美容液は、化粧水の浸透をよくするもので、洗顔の後すぐに使用するものを使っています。

KOSE(コーセー)さんから出ている、infinity(インフィニティ化粧品)のモイスチャーコンセントレートという保湿美容液を愛用しています。
これがもう、化粧水も乳液もいらないんじゃないかと思うくらい、もっちりと仕上がるんです!
美容液をつけて、化粧水を塗る前に電話がなって出ちゃったら、化粧水を塗ったか塗らないかの判別がつかないくらいです。

この美容液の香りがとても好きなので、それもあってずっと使ってます。
1本8000円。
すごいですね、こうやって文字にすると、自分でも驚きます。

これは夜しか使わないのと、今は子育て中なので、夜さえ使えない時もあるくらいです。
本当にスペシャルケアとして使用しているので、ヨシとしています。

もしもう1つお金をかけようと思ったら、角質に効果のある洗顔か、クリームに手を出したいなと思っています。
いつになるかわかりませんが…

化粧品は時と場合で使い分ける

化粧品はその時の状況で使い分けるのがいいと思います。
独身でバリバリ働いてる人と、育児に追われている人では、お肌にケアにかけれる時間は違うと思います。
働いている人が暇だと言っているわけではありません。
残業に付き合いの飲み会で終電で帰ってきたら、お肌のケアなんてやってらんないです。
育児中は子供の保湿優先で、自分は後回し…かといって子供が寝てからじっくりとお肌のケア…何て事にはなかなかならないんですよね、これが。

時間のない時は、オールインワンに頼るのもアリだと思います。
オールインワン、なかなかいいですよ!保湿もバッチリ!
クレンジングと洗顔はなんとか頑張って、保湿は一度でサクッと終わらせる!
お肌のケアは出来るときにやればいいんです!

うちにもオールインワンのジェルがあります。
最近はオールインワンジェルの減りが異様に早い気がする…

私が愛用しているオールインワンは、資生堂のアクアレーベルから出ている「スペシャルジュレ」です。
とっても優秀で、保湿もしっかりしてくれて、つっぱりもありません。

でも、やはり週に1回くらいはお肌をゆっくり労ってあげることで、自分自身もリセットできるなと感じています。
お肌がきれいだと、気分も上がります。
帰ってきて化粧がヨレヨレだと、本当にテンション下がります…
女って案外単純だなと最近思います…
自分のご機嫌をとるためにも、ケアを楽しんでストレスを発散できたらいいなと思ってます。

まとめ

いかがでしょうか。
初めて化粧品を使ってみようと思う学生さんや、ライフステージが変化してどうしようか悩んでいる方、少しでも参考にしてくれればと思います。

大事なのは、自分が大事にすることを決めて、ケアを楽しむことだと思います。
わからないときは、美容部員さんに聞いてみましょう。
デパートの化粧品コーナーはちょっと勇気がでないという方は、ドラッグストアで聞いてみるのもありだと思います。
最近は黒い服を着たビューティーアドバイザーがいる薬局が多いです。
素敵なアドバイザーに出会えますように!

↓↓薬局関連の他の記事もどうぞ↓↓
★OS-1は予防にはならない!熱中症の症状と経口補水液の役割。味は美味しい?
★ドラッグストア内の調剤事務の仕事、調剤薬局専門の事務との違い

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhatenatooをフォローしよう!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る