アルコール消毒液はスピリタスで代用できるのか?消毒用エタノールの種類、手作り消毒液の作り方や危険な代用品も!

アルコール消毒

アルコール消毒はウイルスの感染予防策として有効とされており、手洗いうがいと併用することで、二重の予防対策となります。
新型コロナウイルスに対する予防としてアルコール消毒を購入したくても、マスク同様、品薄状態で薬局などでもなかなか手に入りません。
そこで、アルコール消毒の代用として使えるものがあるのかどうか、調べてみました。
絶対に使用してはいけない危険なものもあるようなので、気をつけてください!

除菌スプレーの種類

ドラッグストアで手指のアルコール消毒を目的とした商品の成分は「エタノール(エチルアルコール)」です。

サトウキビなどの糖質と、とうもろこしなどのデンプンを発酵させて作る「発酵アルコール」と、石油由来のエチレンを原料にして作られる「合成アルコール」がありますが、共に消毒効果があります。

通常の薬局だと、おそらく3種類のエタノールがあると思います。(メーカーにより、商品名はたくさんあると思います)
・無水エタノール
・エタノール
・消毒用エタノール

この3種類の違いは、アルコール度数にあります。
無水エタノール  約99%
エタノール    約95%
消毒用エタノール 約76%~81%

各商品の裏側に、アルコール度数などの詳細が書いてあると思うので、購入の際はご確認ください。

ウイルスが死滅するアルコール度数は??

手指のアルコール消毒はウイルスを死滅させるために行います。
では、ウイルスが死滅するために適しているアルコール度数はいくつなのでしょうか。

アルコールによって菌が死ぬまで、約15秒ほどかかります。
ということは、15秒は手の平にアルコールが付いてないと意味がありません。
アルコール度数が高すぎると、菌が死滅する前にアルコールが気化してしまうので、意味がないのです。

手指の消毒のために適しているアルコール度数は70度~80度とされています。
消毒用と名の付くエタノールはほとんどがこの度数になっていると思いますので、確認してみてください。

無水エタノール

無水エタノールはアルコール度数が99.5%と、とても高い商品です。
アルコール度数が高い為、すぐに気化します。
その特性を生かして、機械などに使用することもあるそうです。

前述したとおり、ウイルスを死滅させるには15秒の時間が必要なので、揮発性の高い無水エタノールはウイルスが死ぬ前に気化してしまい、効果が発揮できません。

無水エタノールしか手に入らなかった場合は、精製水と混ぜて消毒液を作る事が出来ます。
精製水も薬局で手に入ります。

無水エタノール:精製水を4:1で混ぜ合わせます。
100mlの消毒液を作成したい場合は、無水エタノール80mlと精製水20mlを混合してください。

アルコール度数が高い為、注意事項も多いです。
無水エタノールのボトルには、すぐに気化するので引火しやすいため火の側では使用しない、目や口などの粘膜につけないなど、かなり細かく注意事項が記載されています。

<アルコールを保存する容器にも注意!>
手作りの消毒液を保存する容器は「高濃度のエタノール(アルコール)対応」のボトルを使用してください。
100均のボトルは、高濃度のアルコールは不可と記載されているものが多いです。
裏面の詳細までしっかりと読んでから使用してください。

消毒用エタノール(IPも含む)

消毒用エタノールはアルコール度数が70%~80%になっており、そのまま手指の消毒に使用できる商品です。
薬局に行くと、「消毒用エタノール」と「消毒用エタノールIP」の2種類あって悩むことがあると思いますので、簡潔に違いを記載します。

この二つは効果効能は変わりませんが、値段が違います。

IPというのはイソプロパノールという添加物のことで、消毒用エタノールIPは添加物が少し含まれている商品です。

この添加物が含まれることで、消毒用エタノールIPは食用のアルコールとして販売する事ができません。
添加物が含まれていない消毒用エタノールは、飲用として販売できるため「酒税」がかかります。

というわけで、消毒用エタノールの方が高い商品になります。
添加物は含まれますが、効果に差はありません。

↓↓安いほうのエタノールIP↓↓

エタノールが効かないウイルスもいる!

ウイルスの中にはアルコール消毒が有効なものと、無効なウイルスがいます。
この違いは、エンぺローブとよばれる膜の有無によります。
エンぺローブのあるウイルスは、アルコール消毒をすると膜が壊れて感染力を失います。
新型コロナウイルスはエンぺローブがあるウイルスとされているため、アルコール消毒は有効であるとみられています。

スピリタスは代用にならない!

コロナウイルス感染症により店頭から消毒用エタノールが消えてしまい、何か代用できないかという事で、アルコール度数が高いお酒を購入する人がいるようです。
実際、酒屋さんではポーランドのお酒「スピリタス」などのウォッカが品切れ状態だそうです。
スピリタスのアルコール度数は96度。
薄めれば消毒されそうな気もしますが、飲用のお酒を手指の消毒に使用するのは辞めたほうが良いそうです。

理由として、飲用のお酒には糖分も入っておりベタつきが残ります。
また消毒に不向きな成分も入っているため、あくまで飲むものとしてとらえて欲しいとのことです。

アルコール消毒はたしかに感染症予防には役立ちます。
しかしアルコール消毒をしなくても、しっかりと手洗いうがいをするだけでもウイルスを除去することができます。
薬局で消毒用エタノールが手に入らなかった場合は、推奨されない消毒をするような危ない橋を渡るよりは、手洗いうがいを徹底した方が良さそうです。

燃料用「メタノール」は人体に害あり

消毒用のアルコールがどこの薬局でも完売しており、代用として燃料用のメチルアルコールを使用している人もいるようです。

このメタノール(メチルアルコール)はエタノールとたった一文字しか変わりませんが、全くの別物です!!
人が摂取するために作られてるものではない為、最悪は死に至ります。
燃料用アルコールは有毒です。

最近ではイランで密造されたメタノールを含む密造酒を飲んだ27人が中毒死したというニュースもあります。
身体に害のある成分ですので、これは絶対に辞めてください。

メルカリやラクマなどのフリマアプリでは、知ってか知らずか、このメタノールがコロナの消毒に使える!と出品している場合があるようです。
大変危険ですので、購入の際は成分をしっかりと確認してくださいね。

使用してもいいのは、あいうえおの「え」、エタノールです!

アルコール消毒の仕方

最後になりますが、アルコール消毒の正しいやり方を記載します。

可能な限りは事前に石鹸で手を洗ってから、しっかりと水気をとり、アルコール消毒をします。
その際、すすぎが不十分で石けん成分が残っていたり、水気が手指に残っているとアルコールの効果は減少してしまうので気を付けましょう。

その後手のひら全体にまんべんなく、消毒剤が乾くまですり込みます。
その際に重要な事は、「アルコールでウイルスが死滅するまでに15秒かかる」ということです。
ですので、アルコールの量が少なすぎてすぐに手に馴染んでしまった場合、ウイルスはピンピンしている可能性が高いです。

アルコールと一緒に手の水分も蒸発しているので、手が荒れやすくはなりますが、ウイルス除去のためには適量のアルコールを手に取ることを心がけましょう。
逆に手指全体にササっと塗って終わってしまうと、ウイルスは死なずに手が荒れただけで終わってしまうという悲しい事になりかねません…

まとめ

いかがでしょうか。
感染が広がっていている中で消毒液が手に入らないのは不安ですよね。
しかし、間違った代用品をしようしてしまっては意味がありません。
一番大事なのは手洗いうがい!
それだけでも十分に効果があります。
早く店頭に普段の光景が戻る事を願います。

↓↓ドラッグストア関連の他の記事もどうぞ↓↓
★【使用写真あり】接触感染対策テープは公共施設などのウイルス対策に、貼るだけ簡単!不特定多数の人が集まる学校などに最適。
★OS-1は予防にはならない!熱中症の症状と経口補水液の役割。味は美味しい?
★販売従事登録の変更手順と注意点、登録販売者の手続き方法
★ドラッグストア内の調剤事務の仕事、調剤薬局専門の事務との違い

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhatenatooをフォローしよう!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る