ラグビーロシア代表が海老名にやってくる!開幕戦の観戦方法は?

海老名にラグビーロシア代表

ラグビーワールドカップのロシア代表が海老名にやってきます!
露代表の公認キャンプ地に選ばれ様々なイベントが行われるなど、海老名駅周辺がワールドカップ色に染まってきました。
しかもロシアの初戦の相手は日本。
開会式直後の開幕戦の相手ということで、かなり注目を集めています。

ロシアの初戦は日本!しかも開幕戦!
これはどっちを応援しようか悩みますね。

開幕戦は東京スタジアムにて、2019年9月20日 19時45分スタート。
海老名でパブリックビューイングなどがあれば最高ですよね
映画館で盛り上がったり、公園でビール片手に観戦したり。

パブリックビューイングの予定はあるようですが、まだハッキリとした情報はありません。
分かり次第、随時更新します。
是非みんなで盛り上がりたいですね。

テレビで中継の予定があります!
日本テレビ・NHK・Jスポーツで放送予定。
携帯やタブレットで見たい方は、JSPORTSオンデマンドのご準備をお忘れなく。

えびなラグビー応援団の結成

海老名市では大々的にえびなラグビー応援団の団員を募集を行い、正式名称が「えびなラグビーサポーター E・R・S(アース)」に決定。
ロシア代表チームカラーである赤色のポロシャツが配られ、総勢395名のサポーターが海老名市におけるラグビーの盛り上げを図っていきます。

団員は6月16日には海老名駅間地区の芝生広場で開催された100日前イベントの運営に協力、また他のイベントでもラグビーなどに関するブースを出展するなどして連携していきます。
W杯が始まってからは、パブリックビューイングなどを行う予定です。

えびなラグビー応援団の団員募集は残念ながら2019年4月30日で終了しています。
団員にはなれませんが、気持ちは一つに、海老名の町を盛り上げていきたいですね。

当初はルーマニア代表がやってくるはずでしたが、出場取り消しとなったため、急遽ロシア代表がやってくることに。
紆余曲折ありましたが、海老名駅自由通路にキャノンラグビーウォールギャラリーが設置されるなど、現在はこんな感じで盛り上がっています。

ロシア代表の情報

せっかくのまたとない機会。
海老名にやってきてくれるロシア代表について、勉強しておきましょう。

ラグビーワールドカップ2019に出場するロシア代表。
世界ランキングは19位、ワールドカップは2大会ぶり2度目の出場で、優勝経験はありません。

代表チームの愛称は『ベアーズ』
ロシア代表のエンブレムは「熊」がモチーフとなっていることから、ベアーズと呼ばれています。

2018年11月時点でのロシア代表選手です。
背番号 選手名
 PR 1 ヴァレリー・モロゾフ   1994年9月21日 24歳 190cm/115kg
 HO 2 スタニスラフ・セリスキー 1991年9月2日 27歳 180cm/106kg
 HO 3 ウラジミール・ポドレゾフ 1994年1月27日 24歳 187cm/121kg
 LO 4 アンドレイ・オストリコフ 1987年7月2日 31歳 198cm/116kg
 LO 5 アンドレイ・ガルブゾフ 1983年8月7日 35歳 192cm/112kg
 FL 6 ヴィタリー・ジワトフ 1992年2月16日 26歳 186cm/96kg
 FL 7 タギール・ガジエフ 1994年3月29日 24歳 192cm/110kg
 NO8 8 ニキータ・ワビリン 1994年5月13日 24歳 188cm/100kg
 SH 9 ヴァシリー・ドロフェエフ 1990年8月6日 28歳 176cm/78kg
 SO 10 ユーリ・クシナリョフ 1985年6月6日 33歳 182cm/95kg
 WTB 11 ダニール・ポチハノフ 1999年11月30日 18歳 182cm/80kg
 CTB 12 ドミトリー・ゲラシモフ 1988年4月16日 30歳 185cm/100kg
 CTB 13 ウラジミール・オストロウシコ 1986年9月30日 32歳 185cm/96kg
 WTB 14 ミハイル・ババエフ 1989年1月10日 29歳 182cm/79kg
 FB 15 ヴァシリー・アルテミエフ 1987年7月24日 31歳 183cm/91kg

HO 16 エヴゲニー・マトベエフ 1984年4月15日 34歳 188cm/102kg
PR 17 セルゲイ・セキソフ 1989年11月19日 29歳 178cm/109kg
PR 18 アントン・ドロズドフ 1996年10月8日 22歳 185cm/118kg
LO/FL 19 アレクサンドル・イリイン 1997年11月7日 21歳 193cm/109kg
FL 20 アントン・シチェフ 1994年2月5日 24歳 182cm/98kg
SH 21 ドミトリー・ペロフ 1984年11月18日 34歳 178cm/79kg
SO/FB 22 ラミーリ・ガイシン 1991年7月26日 27歳 178cm/80kg
CTB 23 セルゲイ・トリシン 1984年12月12日 33歳 185cm/93kg

※年齢は2018年11月24日のものです

FWに力があるロシア。
大きなサイズのフォワードが堅実に前に出るヨーロッパスタイルのラグビーを展開します。
欧州予選は3位でしたが、上位チームのルーマニアとスペインに代表無資格の選手が出場するという違反があり、繰り上げで今回の出場が決定。

2019年6月4日から15日にウルグアイの首都モンテビデオで行われたワールドラグビー・ネーションズカップ2019では、2勝1敗の2位と好成績。
ウルグアイに26-48で敗れたが、アルゼンチン選抜に48-40で競り勝ち、ナミビア代表を20-0と完封。

ロシア代表の注目選手は主将でもあるヴァシリー・アルミテフ。ヴァシリー・アルミテフは危険なアウトサイドバックス。
2009年のロシア代表入り以来、83キャップ、30トライ異常をマークする俊足のトライゲッター。
RWC2011ではアイルランド代表からトライをあげ、2011-2012シーズンはイングランドのノーサンプトンセインツでプレー。
2018年11月で日本を苦しめた戦いではFBでプレーをしています。

ロシア代表の初戦は日本代表ジェイミージャパン。
2018年11月の日本とのテストマッチでは27-32で敗れましたが、2019年9月20日に行われる開会式直後の開幕戦で日本と再戦、W杯初勝利を目指します。

2019年6月24日にモスクワの日本大使公邸で行われた歓迎会にて、
ロシア代表を束ねるワシリー・アルテミエフ主将が、オープニングゲームの試合についての意気込みを語っている。

ワシリー・アルテミエフキャプテンは
「何百万人という人が観戦する開幕戦を戦えるのは人生でもまれな経験で光栄。日本は何年もかけて準備し、とてもしっかりしたチーム。
だがロシア代表も準備は順調で、日本代表を驚かす用意はできている」と意欲を語っています。
また、日本のプレーは正確で粘り強いので、ロシアが勝つには素早い判断力で我々の攻撃のテンポを維持する事が必要であると話しました。
欧州ではアンダードッグ(弱者)と呼ばれるが、チャンスを掴んでかみついてみせると語っています。

ロシア代表試合日程

ロシア代表は予選プールAに出場します。
9月20日(金) 日本 対 ロシア 東京スタジアム
9月24日(火) ロシア 対 サモア 熊谷ラグビー場
10月3日(木) アイルランド 対 ロシア 神戸市御崎公園球戯場
10月9日(水) スコットランド 対 ロシア 小笠山総合運動公園エコパスタジアム

ロシア代表がいる予選プールAの過去出場は以下の通りです。
アイルランド 9大会連続9回目
スコットランド 9大会連続9回目
日本 9大会連続9回目
ロシア 2大会ぶり2度目
サモア 8大会連続8回目

ラグビーワールドカップについて

ラグビーワールドカップについてもサラッと読んでおきましょう。

現在ラグビーワールドカップはオリンピック・サッカーワールドカップに次ぐ、世界三大スポーツです。
世界約100か国から勝ち上がった20チームが『ウェブ・エリス・カップ』をかけて戦います。

毎大会の優勝チームに渡されるのが『ウェブ・エリス・カップ』。
このカップは高さ472㎜、重さ4.5㎏あり、歴代優勝チームの名が刻まれています
1823年英国のパブリックスクールのラグビー校で、ウィリアム・ウェブ・エリスという少年が当時の原始的フットボール(サッカーが生まれる以前の競技)のルールを無視してボールを持って走り出しました。
そのエリス少年がラグビーの創始者とされるエピソードから命名されました。
純銀製で作られていて、金箔で覆われたカップの持ち手にはギリシャ神話のサテュロスとニンフの頭部が施されています。
さらに顎鬚のあるマスク、ライオンのマスク、そしてぶどうの木のモチーフにがカップ全体に装飾されています。

ラグビーワールドカップ2019の大会ビジョンは
「絆 協創 そして前へ」

大会キャッチコピーは
「4年に一度じゃない。一生に一度だ。- ONCE IN A LIFETIME -」

2019年のワールドカップの試合は9月20日から11月2日までの44日間、全48試合、全国12会場で行われます
開会式は2019年9月20日、東京スタジアムにて、午後6時半からスタートです。

まとめ

いかがでしょうか。
海老名がラグビーワールドカップで盛り上がっています。
ラグビーのルールがよくわからなくても、みんなで一緒に盛り上がっていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhatenatooをフォローしよう!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る