スポンサーリンク
生活

固定費を月10万カット!驚愕のその内容とは?マネーリテラシーって大事という結果に

お金を貯める上で一番大事だと言われる固定費の削減。
我が家はリベ大の教えのもと、固定費を毎月10万円ほど削減しました!
もともとがアホみたいな家計だったというのもありますが…
誰かの参考になれば嬉しいです。

車を手放した

我が家の車の維持費は1年でこれくれいかかっていました。
駐車場代  132.000円
自動車税  45.000円
自動車保険 40.000円
車検    80.000円
1年点検   10.000円

合計で30万円ほどの維持費が毎年かかっています。

13年目に入ったうちの車は、車の知識がないので1年点検をしてみたり、部品の交換なんかが多くなってくる時期。
使用頻度は月に2回使うかな~くらいになっていました。
あとは季節ごとに実家に帰省する程度。

かなり悩みましたが、近くにカーシェアもたくさんあるし、レンタカーもあるので、手放す事を決意しました。
2歳の子供がいるので悩みましたが、今の所は電車大好きな子鉄の道を歩んでること、そして2時間くらいなら散歩で歩けるということも手放すポイントになりました。

幼稚園に向けて電動自転車が必要になってくるので、今後は自転車ライフを楽しみたいと思います。

教育資金のための保険をやめた

子供の教育資金を貯金するという目的で、ドル建て貯蓄型保険に加入していました。
生命保険も兼ねていて、死亡時に500万の保証もついてる商品。

10年払いが2本、15年払いが1本で、なんと合計3本も!
この3つ合計で、毎月45.000円ほど支払っていました。

この手の保険はぼったくり、勉強して自分で投資した方がまだマシ!
という事に気付けたので、この保険は解約することにしました。

ぼったくりと言われるだけあって、途中での解約はかなりの損を出しました。
3つ合計で70万くらい…ドン引きますね…

思考停止人間で無知なカモさんだった私がやってしまった大失敗なわけであります。
保険と貯金を分けて考えないから良くわからない事になるそうです!

失敗したから学ぼうと思えたわけで、失敗しない人なんかいないと信じて、頑張って取り返します!!

ドル建ての終身保険をカット

この商品は死亡時だけでなく、ガンや脳卒中といった三大疾病になった時も一時金として500万円おりるといった保険でした。
毎月10.000円、支払いは60歳までの終身保険。
ドル建てで貯蓄していき、保険を使わなければ60歳以降に引き出せば損はない、といった感じでした。
夫婦共々加入しており、毎月20.000円の支払っていました。

お金の勉強をして、いろんな話を聞いて、思いました。
同じ金額払うのであれば、自分で毎月20.000円ずつをローリスクローリターンで回していった方が増える可能性が高いという事。
そして自分で積み立てれば急にお金が必要になった時はすぐに引き出せるという事。
そして、癌などのリスクというのはなってしまったら大変だけども、発症する確率はとても低いという事。

この辺りを考慮して、こちらも解約しました。
解約返戻金として受け取れる額は、支払った金額の50%ほど。
もー、なにやってんだ自分!過去の自分に後悔しかない…

お金の失敗については、こちらの記事で詳しく書いてます↓↓

無料ほど高くつく!結局損をする?無知はカモられる!お金のセミナーで大失敗した話。 世の中には無料のセミナーというのもたくさんありますよね。ジャンルも多岐に渡ります。いいセミナーもたくさんあると思いますが、無料という餌...

積立年金保険をカット

我が家が加入していた積立年金保険は、以下のようなものでした。
毎月1万ずつ積み立てて、65歳から受け取り可能。
運用の株式ポートフォリオは自分で変更できる

自分で運用するなんて夢にも思わなかったあの頃は、お任せで運用してくれるなんてラッキーとか思ってましたが…
高額な手数料が発生していること、そして65歳まで引き出せないこと、お金に自由がないわりにメリットが感じられず…

こちらも退会しました。
2年半で30万くらい支払って、17万円返ってきましたよ。
損切り悲しい…これも痛い勉強代でした。
取り戻すべく、勉強を続けたいと思います。

コンタクトから眼鏡へ

固定費を見直すということで、コンタクトを辞めて眼鏡にすることにしました。
子供を出産するまではずっとコンタクトをしていましたが、子供が生まれてからは寝たいときにすぐ寝れるよう、眼鏡生活を続けていました。
子供の生活リズムもだいぶ整ってきたので、コンタクトに戻そうかと思っていたのですが…

コンタクトって、意外とお金がかかるんですよね。
私はソフトコンタクトを使用しているので、消毒液なども必要です。
目と歯は取り返しがつかないことになりそうなので大事にしたいというこだわりがありまして…
ツーウィークでなるべく眼に優しいものを使おうとすると、毎月2000円~3000円ほどかかります。
年間36000円は節約しようと思ったらけっこう悩む金額!

私はパソコンを使う事が多いので、コンタクトをしていてもブルーライトカットの眼鏡をかけています。
それなら、普段から眼鏡でいいじゃんか!ということで、眼鏡人になることを決意しました。
度数が変わらなければ、眼鏡は壊れるまで使えます。
今の眼鏡ももう5年目。
子供に踏まれたのか、眼鏡に大きめの傷ができてしまったので、外出用の眼鏡を購入しようかと思っています。
安くていいので、ブルーライトカットレンズをいれても2万円で作れそう!

これは大きな節約になるなと思っています♪
マスクが曇る、子供に取られるというのが今現在の悩みですが…
曇り止めなどを駆使して快適な生活を送っています。

NHKが高い…でも支払ってます

固定費の見直しをしていると気になるのが、NHKの受信料です。
年間25.000円ですよ!

義務ではないけど払う決まりになっている謎のもの。
なんとなーくみんな払ってるし払った方がいいのかなとか、いい大人なんだし払わないのもダサいな、なんて思って払っているのですが。
払わなくてもいいものを払うってのは、お金を守るという事を考えると無駄な気がする!!

どうしようか悩んだのですが。
うちは今、子供が毎日Eテレを見ています。
アニメや教育テレビにはかなりお世話になっているので、子供が見なくなるまでは払おうかなということで落ち着きました。
その間に受信料についての論争が終わってくれるといいんだけどなぁ。

家計簿アプリ「マネーフォワードミー」の導入

固定費の削減は節約してお金をためることが目的です。
そこで我が家は家計簿も変えてみました、
その名もマネーフォワードミー。

このアプリの導入で、無駄遣いが一気に減りました。
なにより使用しているクレジットカードの履歴が一目瞭然で入力されてしまうので、こっそり無駄遣いがすぐに旦那にばれることになり、そこも節約につながっているかと。
ちょっとコーヒー飲んだりね、パン買ったりね、週に1回くらい許してよ…笑

今まではエクセルで表を作成して毎月入力していました。
そして、旦那にも今の家計状況を把握してもらいたいという思いもあり、リビングのホワイトボードに今月の出費具合を簡単に書いてました。
食費、交通費、日用品、レジャー、特別費などなど…

全て自分で計算して書くのって、ほんと大変でした!!
辞めたいけど辞めたら家計が暴走しそうで…

そこで出会ったのが「Money forward ME」

このアプリ、自分でやることはほとんどありません。
自動で家計簿が出来上がっていくんです。
そして家族で共有することができるというのが嬉しいところ。
ホワイドボードなんて邪魔ですわ笑

クレジットカードやショッピングアプリなどと連携すると、購入履歴から自動でデータを取得してくれて、各項目に振り分けられていきます。
アマゾンやヤフー!ショッピングなども登録すると、何を購入したのかまで把握できます。
クレジットカード情報も正確に読み取り、携帯料金、光熱費などを正確に記載してくれます。

現金での買い物については自身で入力が必要ですが、ほとんどのお店でキャッシュレス決済ができる今、この家計簿アプリはかなり役立つと思います。

たまーに謎な項目に振り分けられていることもあるので、ちょこちょこチェックが必要ですが、3分で終わります。
銀行口座の登録もできるので、現在の資産状況なんかも一目瞭然。
証券口座の登録もできますよ♪

詳しい使いごこちなんかは、また別の記事でご紹介しますね。

無料で過去1年分を振り替えれるというのも魅力のひとつ!
毎月の生活費の目標金額をしっかり守れるよう、デジタルの力を借りて頑張っていきましょう!

我が家の固定費削減の結果

車代    25.000円(年間維持費を12で割ったもの)
保険代   75.000円
コンタクト  2.500円

毎月約10万円の節約に成功しました!!
どんだけ無駄にお金払ってたんだーーー

実際には家計簿アプリの導入でお財布のひもが固くなったので、もっと節約できていると思います。

我が家は賃貸ではなく持ち家なので、住居費については削減できず…
こちらの方はまた別の対策を練って対応していきたいと思っております。

さいごに

知らないということは、とっても勿体無い事です。
今の時代は両親や知り合いに教えてもらわなくても、無料でいい情報が得られる環境が整っています。
少しでもお金に不安のない生活にするため、まずは固定費の見直しに踏み切ってみてはいかがでしょうか。

無料ほど高くつく!結局損をする?無知はカモられる!お金のセミナーで大失敗した話。 世の中には無料のセミナーというのもたくさんありますよね。ジャンルも多岐に渡ります。いいセミナーもたくさんあると思いますが、無料という餌...